わかる楽しさを実感 北斗進学スクール

塾長ブログ

2018.12.01

期末テストを終えて

中学生のみなさん、やっと期末テストが終わりましたね。お疲れさまでした。
採点された解答用紙が返却され、数日後には学年順位等も発表されますが、結果に一喜一憂する前にやるべきことがありますね。

 

どの学年でも共通して言えることですが、成績を上げている人が必ず実践していることの一つにテストの解き直しが挙げられます。しかもただ解き直すだけでなく、分からない問題は必ず質問をして消化をしています。

 

テスト後、自由を満喫しているみなさん、同じような問題を繰り返し間違えないように、この当たり前の積み重ねを意識的に実践してください。そして1週間も経てば、小6~中3は塾内テストです。期末テストの解き直しが早速役立つかもしれません。何事も「やりっぱなし」のないように。

2018.11.14

理社勉強会

11月18日(日)18時~21時に期末テスト対策の理社勉強会を開きます。中間テスト前は悪天候で開催できませんでしたが、今回は大丈夫でしょう。

当日は理科・社会の勉強道具(学校のワークやプリント類・北斗のワークなど)を持参の上、18時開始に間に合うように来てください。「ここが分かりにくいから質問しよう」と、あらかじめ質問内容をチェックしておくといいですね。

 

中3生にとっては実質最後の定期テストになります。この期末テストが終わると学年評定が決まり、調査書が作成されます。後悔のないように準備をしてください。

2018.10.26

どーでもいいお話です

先日、群馬県の赤城山に紅葉狩りに行ってきました。が、この話は以上です。赤城山に行った際に思い出された昔ばなしをつづってみます。

 

私が小学生だったころ、短期間ではありますが野球をやっていました。ある日、練習試合で赤城山のふもとの町(当時は村だったかな)を訪れたときのことです。車数台で向かったのですが、道中、信号機に設置されている看板が目に入りました。

地名の書かれたアレですが、その看板に書かれていた地名は当時小3くらいの私にも読め、そして私は衝撃を受けたのです。

 

「鼻毛石」

 

音読み・訓読み、いろいろと考えても、私なりの読み方は「はなげいし」でした。そして同乗している友人にも運転しているコーチにも何も言わず、一人でいろいろと考え始めたのです。鼻毛に石がついているのか、石に鼻毛がついているのか。どちらにせよ、そうなった原因はなんだろう。もう、野球どころではないです。

 

地名にはたいてい由来が存在します。久喜市はなぜ「久喜」なのか、どうして「鼻毛石」になったのか、興味を持ったら調べてみましょう。

 

注)調べたところでオチはありません。ちょっとスッキリするだけです。

2018.10.06

浦和麗明高等学校を訪問してきました

先日、浦和麗明高等学校を訪問し、いろいろなお話を伺ってきました。お相手をして下さったのは広報部長の中田先生でした。お忙しい中ありがとうございました。

以前は小松原女子高校でしたが改名をして浦和麗明に、また今年度から共学になり、校舎も新しくなりました。まさに生まれ変わった学校です。

浦和駅から徒歩8分ほどの立地で、久喜駅からは40分もあれば学校に到着します。現地で迷うこともあろうかと早めに出発した私、迷いようもない一本道だったため、学校の周りを散策する余裕までありました。校舎の外観はとてもきれいでしたが、中を見学させてもらってさらにビックリ。住宅も学校も、新築って羨ましいですね。

肝心なのは学校の中身ですが、興味のある方は説明会やオープンスクールに参加してみてください。他の私立高校にはない取り組みがあり、また先生方のモチベーションの高さも魅力の1つでした。大学の合格実績が気になる方、現在公表されているのは小松原女子高校時代のものです。その“ものさし”だけで判断するのは気を付けた方がよさそうです。

 

ネット等での情報やご近所の噂など、いろいろな方面から情報が入って来ることが多いですが、オッサンらしいことを言います。百聞は一見に如かずです。気に入るかは主観の問題ですので、情報は参考程度に、実際に見聞きしたものから判断しましょう。

2018.10.03

私立高校の説明会⑦

第7弾(最終回)は、、、

 

昌平高等学校

10月10日(水) 18時30分~

 

北辰テストの試験会場として訪れた生徒も多いでしょう。大学合格実績は年々上昇していながら、サッカー部やラグビー部・陸上部などの活躍も目を引くものがあります。

中3生のみなさん、遅れないように!

1 / 7123...最後 »
pagetop